FC2ブログ

一度でも逆らった人はゆるせますか?

「麒麟(きりん)がくる」という

大河ドラマが流行っていますね。

ここで描かれる、

明智光秀は、

学校で習った光秀とは大きく違っています。

もちろん信長もです。

信長は、部下に対して、

非常に疑り深く、

少しでも逆らったり、信用できないような事があれば、

容赦なく切り捨てようとします。このドラマを、

私たちに当てはめて考えた時に、

・自分より立場の低い人から一度でも口答えされたり、反対意見を言われたときに、
 その人を敬遠したり、レッテル貼りをしたり、評価を下げるようなことをしていないか?

ということです。

人間には2種類います。

・表立って批判する人
・陰で批判する人

表面では、良い子ぶってお世辞を言ったり、従順な姿勢を見せているが、

陰に入ると、悪口三昧、小ばかにする、笑いものにするような人、

表面では、批判したり、逆らったりしているが、

陰ではそうでもない人。

あなたはどっちが好きですか?

往々にして、

表立って、お世辞を言ったり、

「はいはい」と二つ返事で、

動いてくれる人がかわいく思えます。

でも、陰口言われているかもしれませんよ。

いざという時、

裏切るかもしれませんよ。

ということです。

従順な妻が、

ある時突然、「離婚してください」と

塾年離婚のパターンとして、

よくあります。

それなら普段から、

ガミガミ妻、かかあ殿下の方が、

良かったじゃないかということと、

同じです。

物事は、

表と裏が必ずセットなのです。

表だけ裏だけの存在はありえません。

しかし、私たちは、

表だけを見ようとして、

裏を見ようとしません。

これを

「表信仰」と言います。

「信仰」だけに、

厄介です。

「表信仰」の被害を減らすには、

お釈迦様の言われるように、

「すべて幻なのだ。幻だからいつ消えてもおかしくないのだ」と

思うことが良いのですが、

なかなかそうはいかず、

ついつい、居心地や立場、

所有するすべてのものを、

失うことを恐れて「執着」してしまいます。

だから「凡夫(ぼんぷ)」なのですが、

まずは「凡夫」なのだと謙虚になることから、

スタートですね。

そうすれば、誰から何を言われても、

そんなに気にならず、

相手ではなく、言っている「内容」がどうかとか、

そういう視点で、

解釈できるようになるでしょう。

1日1回、よろしければ、ぜひぜひ、下記のバナーをクリックしてね~
↓   ↓   ↓

























an>
















































スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

みな最終的には独りで死に向かって行きますものね。「すべては幻」家族も職場も立場も人間関係も、事件事故、間違った関わりで一瞬でなくなるかもですね。当たり前の関係と思わないようににせねば。

Re: タイトルなし

O.K様。とは言いましても、目の前には「現実」というリアリティをもった「幻」が存在します。まずは大変ですが、そこと対峙しなければならないのですね。大変なバーチャル劇場です。
プロフィール

若松勝元

Author:若松勝元
僧侶です。とは言ってもそんな格好の良いものではございません。平日は皆さまと一緒でラッシュにもまれながら通勤し労働し、日々悩みながら生活を送り、週末は僧の役目をさせていただいている優婆塞(うばそく)でございます。日々雑感をつづってまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR